MEMSビジネス展

2017年10月 6日 (金)

「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」、盛況の内に閉幕

                  
                  

   2017年 10月 4日(水) から6日(金)まで幕張メッセで開催された「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」は、3日間の開催期間を終え、盛況の内に閉幕しました。来場された皆様方に御礼申し上げます。特に、最終日である6日(金曜日)は、午後から雨との予報にもかかわらず多くの来場者がありました。
                    最終日は、国際マイクロマシン・ナノテクシンポジウム及びスマートセンシング&ネットワーク(SSN)研究会公開シンポジウムが12:30から16:40まで開催され、多くの聴衆が熱心に聞き入っておりました。
                  
                   以下は、シンポジウムでご講演頂いた講師の方々です。

                  

                  CEA LETI Fellow Dr. Marc Duranton
                  
                  

                  Fraunhofer Institute Dr. Mario Baum
                  
                  

                  メガチップス 米田秀樹氏 
                  
                  

                                                     Micralyne Inc. Mr.Collin Twanow
                  
                  
                  

                  東京女子医大 村垣善浩教授
                  
                  

                  首都大東京 五箇繁善准教授
                  
                  

                  産総研 山本 淳グループ長
                  

    今回ご来場頂きました皆様に御礼申し上げます。
                  
                     来年は10月17日(水)~19日(金)に今回と同様、幕張メッセにおいて、CEATEC JAPANと同時開催を予定しております。
                  
                    また来年もご来場頂けますよう関係者一同お待ちしております。
                  
                  
                  

                  

| | コメント (0)

「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」最終日(3日)を迎える


                  
                  

                  

                  
                   盛況開催中の「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」は本日、最終日3日目を迎えました。
                   昨日2日目も初日同様、展示会場は、IoTに不可欠な技術分野ということで来場者からも関心が高く、例年にも増して多くの来場者にあふれた活気に満ちた会場風景となりました。
                  
                   本日は、国際マイクロマシン・ナノシンポジウムを開催いたします。
                  
                  

                  

最終日もよろしくお願い致します。
                  
                   昨日開催した研究開発プロジェクト成果報告会では、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や国から受託し、研究開発を進めているプロジェクトについて、各プロジェクトの責任者から報告がなされ、聴衆者が熱心に聞き入っていました。
                  
                  
                  


                  司会・進行を行う長谷川専務理事
                  
                  

                  特別講演を行う 経済産業省 徳増伸二参事官
                  
                  

                  LbSSの成果発表を行う 東大 藤田教授
                  
                  

                  RIMSの成果発表を行う 東大 下山教授
                  
                  

                  ULPACの成果発表を行う 産総研 柳町主任研究員
                  
                  

                  UCoMSの成果発表を行う 東大 伊藤教授
                  
                  

                  AIRsの研究開発を発表する 東大 下山教授
                  
                  

                  講評を行う NEDO 弓取ロボット・AI部長
                  

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」2日目を迎える

                  

                   開催中の「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」の1日目の様子をお知らせします。まず、展示会場ですが、IoTに不可欠な技術分野ということで来場者からも関心が高く、CEATECからの来場者も多く活気に満ちた会場風景となりました。

                   本日は、研究開発プロジェクト成果報告会を開催します。プログラムは、以下のとおりです。本日もご来場をお待ちしております。

                  

                  

                   昨日開催しましたMEMS協議会フォーラムには、多くの参加者があり盛況の内に終了しました。                   

                  
                  開会挨拶 MMC青柳副理事長
                  
                  
                  MMC調査研究・標準部長 大中道崇浩
                  
                  
                  MNOIC開発センター長 荒川雅夫
                  
                  
                  会場風景
                  
                  
                  立命館大学理工学部 教授 小西 聡
                  
                  
                  MMC産業交流部長 今本浩史

続きを読む "「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」2日目を迎える"

|

2017年10月 4日 (水)

MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017開幕

                   本日10時、10月4日(水)から6日(金)までの3日間を会期とした「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」が開幕しました。会場は、幕張メッセ内の国際展示場7及び国際会議室302です。

                   MEMSセンシング&ネットワークシステム展 2017」には、早朝からの小雨にも関わらず開催時から多くの来場者が訪れ、スマートMEMS、最先端センサー&デバイス、技術開発プロジェクトが一堂に会する展示会として活況を呈しています。                   

                  

 

Dsc00669

                  

Dsc00671

                  

Dsc00675

                  

                  

                   今回は、『CEATEC2017』と同時開催を行っており、お互いの参加者が行き来できる環境が整っています。また、昨年と同様に国内外のフォトニクス製品・技術が集結する先端光技術の展示会である『InterOpto』と共同開催しています。いろいろな分野で、幅広い最新技術・動向も併せてご覧頂けますので、明日以降も奮ってご来場方お願い致します。(事前登録で入場料は無料となります。)                   

                  

 本日開催のMEMS協議会フォーラムのプログラムは以下のとおり。

                                     

Photo_2

                   会場では、IoT分野の核となるMEMSセンシング&ネットワークシステム分野の未来ビジネスの核となる先端技術の紹介や、先進プロジェクトや産学連携の情報を提供致しますので、皆様のご来場をお待ちしております。

                  

                  

(一般財団法人マイクロマシンセンター 水島)
                  
                  
                  

                  

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017開催目前に迫る


「MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017 -IoTシステムの最先端技術展-」
の開催が目前に迫ってきました。


今年はAll About PHOTONICS、CEATEC2017等との同時開催として、以下の日程で開催いたします。大勢の皆さまのご来場をお待ちしております。
  • 会期:2017年10月4日-6日
  • 場所:幕張メッセ 国際展示場 Hall7、国際会議場会議室302

また、国際会議場では連日以下の最先端情報を発信するセミナー・シンポジウムを併催しますので是非ご参加下さい。

 10月4日(水)MEMS協議会フォーラム
  • センサーネットワーク時代に向けたSSI(スマートセンシングインタフェース)標準の研究開発
  • MNOICが提供するMEMSオープンイノベーション
  • 国際会議におけるMEMS関連研究の動向
  • MEMS関連市場の最新動向

 10月5日(木)研究開発プロジェクト成果報告会
  • Connected Industries推進に向けた我が国製造業の課題と取り組み
  • 超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステム(LbSS:Learning-based Smart Sensing System)の研究開発
  • 道路インフラモニタリングシステム(RIMS:Road Infrastructure Monitoring System)の研究開発
  • センサ端末同期用原子時計(ULPAC:Ultra-Low Power Atomic Clock)の研究開発
  • ライフラインコアモニタリングシステム(UCoMS:Utility Infrastructure Core Monitoring System)の研究開発
  • 空間移動時のAI融合高精度物体認識システム(AIRs)の研究開発

 10月6日(金)国際マイクロマシン・ナノテクシンポジウム
  • CEA LETIにおけるIoT関連技術最前線
  • MEMS and NEMS Technologies for a Smart World
  • SiTime社のMEMS発信器の最新技術
  • Metal Oxide Gas Sensing Material and MEMS Process
  • Iotを駆使したスマート治療室SCOT
  • 超小型原子時計の最新展望
  • 熱電発電の最新動向と課題

 概要は以下のページを参照下さい。
    http://www.mems-sensing-network.com/

| | コメント (0)

MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017開催目前に迫る


「MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017 -IoTシステムの最先端技術展-」
の開催が目前に迫ってきました。


今年はAll About PHOTONICS、CEATEC2017等との同時開催として、以下の日程で開催いたします。大勢の皆さまのご来場をお待ちしております。
  • 会期:2017年10月4日-6日
  • 場所:幕張メッセ 国際展示場 Hall7、国際会議場会議室302

また、国際会議場では連日以下の最先端情報を発信するセミナー・シンポジウムを併催しますので是非ご参加下さい。

 10月4日(水)MEMS協議会フォーラム
  • センサーネットワーク時代に向けたSSI(スマートセンシングインタフェース)標準の研究開発
  • MNOICが提供するMEMSオープンイノベーション
  • 国際会議におけるMEMS関連研究の動向
  • MEMS関連市場の最新動向

 10月5日(木)研究開発プロジェクト成果報告会
  • Connected Industries推進に向けた我が国製造業の課題と取り組み
  • 超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステム(LbSS:Learning-based Smart Sensing System)の研究開発
  • 道路インフラモニタリングシステム(RIMS:Road Infrastructure Monitoring System)の研究開発
  • センサ端末同期用原子時計(ULPAC:Ultra-Low Power Atomic Clock)の研究開発
  • ライフラインコアモニタリングシステム(UCoMS:Utility Infrastructure Core Monitoring System)の研究開発
  • 空間移動時のAI融合高精度物体認識システム(AIRs)の研究開発

 10月6日(金)国際マイクロマシン・ナノテクシンポジウム
  • CEA LETIにおけるIoT関連技術最前線
  • MEMS and NEMS Technologies for a Smart World
  • SiTime社のMEMS発信器の最新技術
  • Metal Oxide Gas Sensing Material and MEMS Process
  • Iotを駆使したスマート治療室SCOT
  • 超小型原子時計の最新展望
  • 熱電発電の最新動向と課題

 概要は以下のページを参照下さい。
    http://www.mems-sensing-network.com/

| | コメント (0)

MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017開催目前に迫る


「MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017 -IoTシステムの最先端技術展-」
の開催が目前に迫ってきました。


今年はAll About PHOTONICS、CEATEC2017等との同時開催として、以下の日程で開催いたします。大勢の皆さまのご来場をお待ちしております。
  • 会期:2017年10月4日-6日
  • 場所:幕張メッセ 国際展示場 Hall7、国際会議場会議室302

また、国際会議場では連日以下の最先端情報を発信するセミナー・シンポジウムを併催しますので是非ご参加下さい。

 10月4日(水)MEMS協議会フォーラム
  • センサーネットワーク時代に向けたSSI(スマートセンシングインタフェース)標準の研究開発
  • MNOICが提供するMEMSオープンイノベーション
  • 国際会議におけるMEMS関連研究の動向
  • MEMS関連市場の最新動向

 10月5日(木)研究開発プロジェクト成果報告会
  • Connected Industries推進に向けた我が国製造業の課題と取り組み
  • 超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステム(LbSS:Learning-based Smart Sensing System)の研究開発
  • 道路インフラモニタリングシステム(RIMS:Road Infrastructure Monitoring System)の研究開発
  • センサ端末同期用原子時計(ULPAC:Ultra-Low Power Atomic Clock)の研究開発
  • ライフラインコアモニタリングシステム(UCoMS:Utility Infrastructure Core Monitoring System)の研究開発
  • 空間移動時のAI融合高精度物体認識システム(AIRs)の研究開発

 10月6日(金)国際マイクロマシン・ナノテクシンポジウム
  • CEA LETIにおけるIoT関連技術最前線
  • MEMS and NEMS Technologies for a Smart World
  • SiTime社のMEMS発信器の最新技術
  • Metal Oxide Gas Sensing Material and MEMS Process
  • Iotを駆使したスマート治療室SCOT
  • 超小型原子時計の最新展望
  • 熱電発電の最新動向と課題

 概要は以下のページを参照下さい。
    http://www.mems-sensing-network.com/

| | コメント (0)

道路インフラモニタリングシステムの現地実証を開始  ―幕張メッセで成果発表(10/4~6)―

 技術研究組合NMEMS技術研究機構は、環境エネルギーで稼働する小型、安価、高性能、高耐久の無線センサ端末を用いた道路インフラモニタリングシステム(RIMS : Road Infrastructure Monitoring System)をNEDO委託事業で開発し、本年度よりNEXCO等の実高速道路での現地実証(図1)を開始しました。
 詳細については10月4日~6日に幕張メッセで開催されます展示会「MEMS SENSING & NETWORK SYSTEM 2017(MSN展2017)」において、展示と講演の場で紹介します。
●「MEMS SENSING & NETWORK SYSTEM 2017(MSN展2017)」の
  開催概要
 ・会 期:2017年10月4日(水)~10月6日(金)
 ・会 場:幕張メッセ 国際展示場 7ホール 
       NMEMS技術研究機構ブース 小間番号3-B
 ・入場料:1,000円、事前登録の場合は無料
 ・公式サイト:http://www.mems-sensing-network.com/
 ・事前登録:
  http://www.mems-sensing-network.com/info_visitor.html
●プレゼンテーション(幕張メッセ 国際会議場302、
  「研究開発プロジェクト成果報告会」、聴講無料) 
 ・日時:2017年10月5日(木)13:15~14:15
 ・テーマ:「道路インフラモニタリングシステム(RIMS)の研究開発」
       成果発表
 ・発表者:NMEMS技術研究機構 インフラモニタリング研究所 所長 
       /東京大学IRT研究機構 機構長 教授 下山勲

1
            図1 現地実証の様子
1.概要
 技術研究組合NMEMS技術研究機構(以降NMEMSと称す)はNEDO委託事業である「道路インフラ状態モニタリング用センサシステムの研究開発」プロジェクトで開発した道路インフラモニタリングシステム(RIMS)を実高速道路に設置して、現地実証を開始しました。
 道路インフラは陸上貨物輸送量の90%以上を占め、国民の豊かな生活を支える重要な社会インフラですが、老朽化が進み、また、大型車両や過積載車両の増加、さらには近年の異常気象や地震による災害の多発により劣化が進み、社会課題になっています。このため、道路インフラの効果的かつ効率的な維持管理・更新技術の開発が求められています。
 NMEMSではこのような社会要請をうけ、2014年度から高速道路の橋梁、道路付帯物、法面を対象にして、環境エネルギーを利用した自立電源を有し、各フィールドのモニタリングに適した新規の小型、安価、高性能、高耐久性の無線センサ端末並びに各フィールドのセンシングシステムを統合して道路インフラのトータルな維持管理が可能な道路インフラモニタリングシステム(RIMS)の開発を進めてきましたが、基本的なシステム開発が完了し、本年度から本プロジェクトに参画しているNEXCO等の実高速道路での現地実証を開始致しました。

2.詳細説明
 開発したモニタリングシステム及び技術に関して、以下に簡単に説明致します。

(1)スーパーアコースティックセンサによる橋梁モニタリングシステム
  (担当:東芝、京大、東大)
 主としてコンクリート橋の内部損傷の発生位置、大きさを新規開発の広帯域(1Hz~1MHz)MEMS振動センサ(スーパーアコースティックセンサ、SAセンサ)で安価・高精度にモニタリングし、橋梁の健全性を定量的に評価する手法(特許出願中)を開発しました。展示会では、開発したSAセンサ、手のひらサイズの無線センサ端末、試作端末によるイベントドリブン計測結果(図2)、降雨により励起された弾性波を利用したコンクリート内部損傷検知結果及びイベントドリブン動作リアルタイム位置標定デモ等を紹介します。

2_sa
        図2 SAセンサによるイベントドリブン計測

(2)フレキシブル面パターンセンサによる橋梁モニタリングシステム
  (担当:大日本印刷、産総研、東大)
 主として鋼橋のクラック伸展度・方向を新規開発のフレキシブル面パターンセンサにより簡便にモニタリングする技術を開発しました(図3)。展示会では印刷タイプ、極薄PZT/Siタイプそれぞれの歪センサアレイによるフレキシブル面パターンセンサを用いた鋼橋歪分布計測デモ等を紹介します。

3
    図3 フレキシブル面パターンセンサによる歪分布計測

(3)傾斜マルチセンサによる道路付帯物モニタリングシステム
  (担当:富士電機)
 道路標示板、照明柱などの経年・突発劣化診断のため、非サーボMEMSマルチセンサで固有共振周波数と傾きの変化を同時にモニタリングする技術を開発しました(図4)。展示会では、開発した傾斜マルチセンサ、集約器及び傾斜マルチセンサによる道路付帯物模擬模型を使った傾斜、振動、温度同時計測デモ等を紹介します。 

4
   図4 傾斜マルチセンサの現地実証と模型によるデモの様子

(4)電波変位センサによる法面変位モニタリングシステム
  (担当:三菱電機)
 法面上の複数のセンサから放射した920MHz電波の位相差をみることで4mm/hのずれを全天候・3次元で広範囲、容易にモニタリングする技術を開発しました(図5)。展示会では、開発したセンサ端末、子受信機及び簡易型変位計測装置を用いた電波変位センサの変位計測デモ等を紹介します。

6

図5 電波変位センサによる法面変位モニタリングシステム実証の様子

(5)無線通信ネットワーク共通プラットフォーム
  (担当:NTTデータ)
 多種多様なセンサからの様々なデータフォーマットやインターフェースの差異を吸収する通信仕様、設置容易性とコスト対策を目的としたコンセントレータ間の連携通信及びセキュアな情報収集に対応できる無線通信ネットワーク共通プラットフォームを開発しました。展示会では、開発したコンセントレータ及び無線通信ネットワーク共通プラットフォーム(図6)等について紹介します。

7
      図6 無線通信ネットワーク共通プラットフォーム

(6)高耐久性パッケージング技術
  (担当:大日本印刷、日本ガイシ、マイクロマシンセンター、産総研)
 悪環境下で常時モニタリングを長期に保証するセンサ端末パッケージング技術、自立電源・無線モジュール・センサ・アンテナ等全ての部品を内蔵したオールインワンパッケージング技術及びパッケージやセンサを構造物に強固かつ容易に接着/接合するシート実装技術を開発しました(図7)。展示会では、アンテナ内蔵LTCCパッケージ、透光性セラミック及び粘接着シート等を紹介します。

7_2
       図7 高耐久性パッケージとシート実装技術

(7)超低消費電力原子時計
  (担当:リコー、産総研、マイクロマシンセンター、京大、東工大、
       首都大東京)
 多数のセンサ端末からの情報を統合するための将来技術として、異地点間の時刻同期を高精度、小型、低消費電力で実現できる超低消費電力原子時計(ULPAC: Ultra-Low Power Atomic Clock)の開発を行っています。展示会では、開発しているULPACの概要及びプロトタイプ(図8)の動態デモ等を紹介します。

8_ulpacf

           図8 ULPACプロトタイプ

(8)統合的な道路インフラモニタリングシステム
  (担当:NMEMS、NTTデータ)
 上記(1)~(4)のモニタリングシステムを統合した道路インフラモニタリングシステムを開発しました。展示会では、統合的な道路インフラモニタリングシステムのエミュレータ(図9)(Pilot-RIMS)によるデモ等を紹介します。

11
    図9 道路インフラモニタリングシステムエミュレータ 

 なお、開発した技術は道路インフラだけでなく、エネルギー関連施設等の大規模インフラのモニタリングにも展開可能な技術です。

          (技術研究組合NMEMS技術研究機構 武田宗久)

 

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

MEMSセンシング&ネットワークシステム展の開催準備進む(10月4日-6日)

 MEMS関連の技術・製品・アプリケーションを一堂に展示する「MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017」の開催準備が進んでいます。
                 
  名称:MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017
    -IoTシステムの最先端技術展-
    会期:2017年10月4日(水)~6日(金)
    会場:幕張メッセ 国際展示場ホール7、国際会議場会議室302
    同時開催:InterOpto/LaserTech/BioOpto Japan/LEDJAPAN/
        CEATEC JAPAN 2017
          URL:http://www.mems-sensing-network.com/
                 
    開催内容を順次ご紹介しますが、今回は「研究開発プロジェクト成果報告会」のプログラムをお伝えします。
                 
    名称:研究開発プロジェクト成果報告会
      開催日時:2017年10月5日(木)10:30-16:10(昼休み1時間を含む)
       趣旨:工場の操業状況や道路インフラ構造の健全性などを確認するために、センサをいたるところに配置し、無線ネットワークで測定データを集めるIoT(Internet of Things)が注目されています。本セミナーでは、NEDOや国から受託し、研究開発を進めているプロジェクトについて報告します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
オープニング  発表者
10:35-
                        11:15
特別講演
                        (仮)”Connected Industries”に向けた我が国製造業の課題と取組
経済産業省
                         参事官
                         徳増 伸二
第一部  
11:15-
                        12:15
超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステム(LbSS:Learning based Smart Sensing                        System)の研究開発東京大学教授
                         藤田 博之
12:15-
                        13:15
昼休み 
第二部  
13:15-
                        14:15
道路インフラの統合的な常時監視を実現するモニタリングシステムの研究開発成果発表東京大学教授
                          下山 勲
14:15-
                        14:45
センサ端末同期用原子時計(ULPAC:Ultra-Low Power Atomic Clock)の研究開発成果発表 産総研
                         柳町 真也
14:45-
                        15:00
休憩  
第三部  
15:00-
                        15:50
ライフラインコアモニタリングシステムの研究開発成果発表東京大学教授
                         伊藤 寿浩
第四部  
15:50-
                        16:10
空間移動時のAI融合高精度物体認識システムの研究開発東京大学教授
                          下山 勲
                  


                   成果については展示会場ブースにおいても展示・説明を行っておりますので、是非お立ち寄りください。
                                      <成果普及部 水島 豊>

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

Smart Sensing 2017の出展報告(6月7日-9日)

 センシング技術とIoT社会のニーズを繋げるサービスプラットフォームの展示会として、株式会社JTBコミュニケーションデザイン主催のSmart Sensing 2017が6月7日から9日までの3日間、東京ビッグサイト東展示場2で開催され、それに出展しましたので報告します。
 Smart Sensing 2017の出展団体は39団体あり、各団体はIoT社会に貢献する技術、製品等を展示し、来場者に積極的に説明を行っていました。
 来場者数は、6月7日は2,032名、8日は2,215名、9日は2,667名、合計6,914名が来場しました。東2展示場では同時期開催展示会が有り相互移動が出来るため、来場者数はこれより多いと思われます。


受付の様子

会場の様子

 マイクロマシンセンターは、MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017の案内を中心にポスター展示を行いました。また、MMCとMNOIC事業を紹介した資料配付も行いました。

 本展示会の基調講演では、NEDOプロジェクト「超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステムの研究開発」の研究開発責任者で、東京大学生産技術研究所の 藤田博之 教授が登壇され、センサノードとエッジに着目し、そこでのMEMSやAIの活用について、背景になった過去のプロジェクトからの段階的な発展を含めて紹介されました。


藤田教授の基調講演の様子

| | コメント (0)

より以前の記事一覧