MEMSビジネス展

2018年8月14日 (火)

MEMSセンシング&ネットワークシステム展の開催準備進む(10月17日-19日)


 MEMS関連の技術・製品・アプリケーションを一堂に展示する「MEMSセンシング&ネットワークシステム展2018」の開催準備が進んでいます。
 
 名称:MEMSセンシング&ネットワークシステム展2018
    -IoTシステムの最先端技術展-
 会期:2018年10月17日(水)~19日(金)
 会場:幕張メッセ 国際展示場ホール7、国際会議場会議室302
 同時開催:InterOpto/Imaging Japan/LED JAPAN/CEATEC
 URL:http://www.mems-sensing-network.com/
 
 国際会議場及び会場内特設ステージで開催するセミナーについてお知らせします。

10月17日(水) 10時30分~12時30分
 名称:MEMS協議会フォーラム
 趣旨:MEMSの実用化・応用先として期待される次世代テクノロジー(人工知能、自動車、5G、IoT、ロボット、VR)にフォーカス。次世代MEMS市場、そして数年先の技術が社会的・産業的に貢献するビジョンや方向性について、最新情報を発信します。さらに、世界のMEMS関連最新研究動向についてもわかりやすく解説します。

 オープニング   発表者 
 10:30-
 11:00
セッション1
MEMSセンサー技術の応用-AIとの連携
東北大学マイクロシステム融合研究開発センター 教授
  江刺 正喜
 11:00
 11:30
セッション2
高度運転支援・自動運転とセンシング技術
株式会社デンソー 先端技術研究所 所長
  川原 伸章
 11:30-
 12:00
セッション3
MEMSセンサ搭載機器のソフトウェアを加速する新しいGUIツール”AlgoBuilder”
 STマイクロエレクトロニクス株式会社
アナログ&MEMS製品グループ
  平間 郁朗
 12:00-
 12:30
セッション4
国際会議発表を通してみる MEMS関連研究の動向
立命館大学
理工学部バイオメディカルデバイス研究センター長 教授
  小西 聡


10月18日(木)
 名称:研究開発プロジェクト成果報告会
 趣旨:本報告会では、マイクロマシンセンター/NMEMS技術研究機構[E:#x100003] が取り組んできたNEDOや国から受託した研究開発プロジェクトの成果や、これまで行ってきた実証実験の紹介などを行います。さらに会場では、開発した技術、サンプルを展示します。
 
セッション1    発表者
10:15-
11:15
「道路インフラモ二タリングシステム(RIMS:ROAD Infrastructure Monitoring System)の研究開発」成果発表 NMEMS技術研究機構 インフラモニタリング研究所所長/ 
東京大学 IRT研究機構・機構長
教授 下山 勲
11:15-
11:45
「センサ端末同期用原子時計(ULPAC:Ultra-Low Power Atomic Clock)の研究開発」成果発表 国立研究開発法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター
物理計測標準研究部門 高周波標準研究グループ 主任研究員
  柳町 真也
11:45-
12:15
ライフラインコアモニタリングシステム(UCoMS:Utility Infrastructure Core Monitoring System)の研究開発」成果発表 コアモニタリング研究体長/
東京大学新領域創成科学研究科
教授 伊藤 寿浩
セッション2    
13:30-
14:00
「組合せ最適化処理に向けた革新的アニーリングマシンの研究開発」成果発表  株式会社日立製作所 研究開発グループ
主任研究員
  山岡 雅直
14:00-
15:00
「超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステム
(LbSS:Learning-based Smart Sensing System)の研究開発」
成果発表
NMEMS技術研究機構 スマートセンシング研究所所長
プロジェクトリーダー 
東京大学名誉教授 藤田 博之

サブプロジェクトリーダー 
株式会社日立製作所 研究開発グループ エレクトロニクスイノベーションセンタ 
 主管研究員
  高浦 則克

サブプロジェクトリーダー 
東京大学生産技術研究所 
教授 年吉 洋
セッション3    
15:00-
15:30
「IoTの裾野を広げるスマートセンサの活用促進に向けた標準化の取組み」 一般財団法人マイクロマシンセンター
調査研究・標準部 担当部長
  中嶋 正臣


10月19日(金)
 名称:スマートセンシング&ネットワーク研究会シンポジウム
 趣旨:
Session1  スマート社会の実現(空間の移動分野)に向けた最新動向ワークショップ
少子高齢化、労働力不足、インフラ老朽化対策、災害課題対応と我が国の直面する社会的課題に対し、それらを解決するスマート社会に対する期待は膨らみます。それらを実現するための最新動向に関するワークショップを開催いたします。

Session2  SSN研究会公開シンポジウム
近年、世界各国の企業は競ってIoT実用化に向けた取り組みを進めていますが、ここではスマートセンシング技術を中心にした、ホットな話題を提供します。

セッション1    発表者
10:00-
10:10
 ご挨拶 経済産業省
産業技術環境局研究開発課 産業技術プロジェクト推進室 
室長
  松本真太郎
10:10
10:30
人工知能技術適用によるスマート社会の実現(空間の移動分野)の目指す姿 産業技術総合研究所
情報・人間工学領域 研究戦略部
イノベーションコーディネータ
  小島 功
10:30-
10:50
地理空間情報プラットフォームの構築と空間移動のスマート化  産業技術総合研究所
人工知能研究センター 地理情報科学研究チーム
チーム長
  中村 良介
10:50-
11:10
空間移動におけるAI融合高精度物体認識システム 東京大学IRT研究機構
講師
  高畑 智之
11;10-
11:30
社会レベルの行動モデリング・シミュレーションの研究開発 産業技術総合研究所
人工知能研究センター 社会知能研究チーム
チーム長
  大西 正輝
11:30-
11:50
物流サービスの労働環境改善と付加価値提供のためのサービス光学×AIの研究開発 産業技術総合研究所 
情報・人間工学領域 サービス観測・モデル化研究グループ
グループ長
  大隈 隆史
11:50-
12:10
AI活用により安全性向上を目指したスマートモビリティ技術の開発 産業技術総合研究所
ロボットイノベーション研究センター スマートモビリティ研究チーム
チーム長
  阪野 貴彦
12:10
12:40
 特別講演:スマート社会と空間情報 東京大学
空間情報科学研究センター
教授
  柴崎 亮介
12:40-
12:55
本テーマへの期待 新エネルギー・産業技術総合開発機構  
ロボット・AI部
プロジェクト
プロジェクトマネージャー  
  小川 泰嗣
セッション2    
13:30-
13:35
開会挨拶 一般財団法人マイクロマシンセンター  
株式会社デンソー 代表取締役副社長
  山中 康司
13:35-
14:05
ナノ機能を駆使した未踏微小シグナルセンシング技術への挑戦 東京大学
IRT研究機構・機構長/
マイクロマシンセンター SSN研究会会長
教授
  下山 勲
14:05-
14:35
グローバルIoT時代におけるセキュアかつ高度な生体医工学拠点の形成に向けて 東京電機大 
工学部 先端機械工学科
准教授
  桑名 健太
14:35-
15:05
「東芝のスマートセンシング技術」 株式会社東芝 研究開発本部 研究開発センター 
首席技監
  黒部 篤 


 成果については展示会場ブースにおいても展示・説明を行っておりますので、お立ち寄りください。
<成果普及部 水島 豊>

|

2018年1月 5日 (金)

「新年のご挨拶」

新年あけましておめでとうございます。

 本年はSociety5.0の実現を世界に打ち出していくための新たな産業・社会の在り方として、「コネクテッド・インダストリーズ」に大きな注目が集るとされています。特に、製造現場、自動走行、健康・医療・介護等の現実の「リアルデータ」を巡る競争が激しくなると予想されていますが、その「リアルデータ」を収集する最前線にMEMSを中心とする多様なセンサが位置しています。従いまして、ナノ・マイクロ技術分野における研究開発や普及促進等を長年担ってきた私どもマイクロマシンセンターの責任はさらに重くなっていくものと考えております。

 仏のヨール社によれば、世界のMEMS市場は消費者用や自動車用がけん引し、2017年の132億ドルから2022年には254億ドルと年率14%で伸びるとされています。MEMSデバイスとしては、スマホの4G/5G 化の進展によりMEMSフィルタの伸びが大きく、従来からの慣性センサ、圧力センサ、ジャイロなどを凌駕していくと見られます。

 このような中、当センターでは2000年代に注力したMEMS技術そのものの研究開発から、2010年代にはセンサネットワーク技術にシフトし、現在は道路やライフラインのインフラモニタリングに加えて、ファクトリやプラントのスマートセンシングの研究開発に注力しています。そして、昨年は経産省・NEDOがコネクテッド・インダストリーズの重点分野として推しているロボティクスや自動走行の鍵となるAI融合高精度物体認識システムの研究開発に着手しました。

 また、それらの研究開発を支えるMEMS試作ファンドリとして、7年前に開設したつくばの「マイクロナノオープンイノベーションセンター(MNOIC)」も今や中小・ベンチャーを含む40社以上からの研究や工程の受託により、フル稼働の状況にあります。さらに設備整備や技術向上に努めて、我が国のMEMS開発需要に応えてまいります。

 そして、上述の成果などを公開する場として、昨年、MEMSセンシング&ネットワークシステム展を刷新して、初めてCEATECと同時開催とし、5万人を超える来場者の方々にお出でいただくことができました。本年はさらにCEATECやAll about Photonics展とのシナジー効果を高め、IoTシステム、さらにはコネクテッド・インダストリーズの最先端技術展としてのプレゼンスを高めてまいります。

 当センターとしましては、本年もMEMS・スマートセンシング技術の開発や普及に真摯に取り組み、我が国のコネクテッド・インダストリーズの推進に微力ながらも貢献してまいりますので、引き続きご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

 皆様方には以下の10大ニュースをご覧いただき、このような私どもの活動状況をご賢察いただければ幸いです。

続きを読む "「新年のご挨拶」"

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

スマートセンシング&ネットワーク展2017」 国際マイクロマシン・ナノテクシンポジウム及びスマートセンシング&ネットワーク(SSN)研究会公開シンポジウム(2017年10月6日)の開催報告

 2017年 10月 4日(水) から6日(金)まで幕張メッセで開催された「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」は、3日間の開催期間を終え、盛況の内に閉会しました。来場された皆様方に御礼申し上げます。特に、最終日である6日(金曜日)は、午後から雨との予報にもかかわらず多くの来場者がありました。

 最終日は、国際マイクロマシン・ナノテクシンポジウム及びスマートセンシング&ネットワーク(SSN)研究会公開シンポジウムが12:30から16:40まで、国際交流委員長であり、スマートセンシング&ネットワーク(SSN)研究会の会長でもある下山勲教授に司会をお願いして開催され、約100名の沢山の方々にご参加頂きました。

 本報告書では、セッション1の国際セッションに限って報告致します。

Session 1 International Session   Latest Trends of IoT / MEMS
(セッション1 国際セッション IoT、MEMS分野の最新動向)

(1) Sensors and computing for a safe IoT world
(CEA LETIにおけるIoT関連技術最前線)
Dr. Marc Duranton, CEA-LETI(France), CEA Fellow, Architecture,
IC Design and Embedded Software Division


 MEMS関連の研究所としては世界最大規模の施設と、研究員を擁するフランス・グルノーブルのCEA-LETIの半導体・組み込みソフト部門のMarc Duranton博士から、CEA LETIにおけるIoT関連技術最前線と題する講演がありました。 LETIでは幅広い研究領域や産業界との共同研究案件がありますが、最近ではMEMS領域からナノテク領域へ活用範囲を広げ、かつ産業界が魅力を感じるテーマに取り組んでいます。その中の一つは数百ナノメートルのナノワイヤをセンサの検出素子として使う技術で、既に化学センサや共振器等に使われているとのことです。

(2)MEMS and NEMS Technologies for a Smart World
Dr. Mario Baum(Germany), Fraunhofer Institute for Electronic Nano Systems ENAS


 産業界のユーズに基づいた研究開発を積極的に行うことで日本の産総研のモデルにもなっている、ドイツのFraunhofer Institute、その中でもMEMSを中心に活動を行っている、ChemnitzにあるENASのMario Baum博士からMEMS and NEMS Technologies for a Smart Worldと題する講演がありました。今回の発表は、フランフォーファ研究所の紹介と、世界各地との連携、自動車や工業用スマートシステムに使われるスマートセンサ、健康・医療領域に使われるスマートセンサに関する紹介がメインでした。面白いトピックスとしては、Sens-o-Spheresと言う、直径8mmの球に、センサや信号処理、ワイヤレスバッテリ、無線通信を詰め込んで、工場の様々なプロセスコントロールに使う概念が示されました。

(3) SiTime MEMS Oscillator Technology
(SiTime社のMEMS発振器の最新技術)
Mr. Hideki Yoneda, General Manager, Corporate Strategy, Megachips-Corporation
(株)メガチップス 新事業本部 米田 秀樹


 長い間、タイミングデバイスのデファクトになっていた水晶発振器を置き換える可能性が出てきたシリコン共振器を開発・製造しているベンチャー企業・SiTimeが開発したシリコンタイミング素子に関して、M&Aを行った日本のメガチップス社の米田 秀樹氏からSiTime社のMEMS発振器の最新技術)と題する講演がありました。シリコンを用いた発振器(共振型)は材料のヤング率の温度依存性や熱膨張係数によって、周波数の強い温度依存性がありますが、それを材料&プロセス技術(構造)や、高精度に温度を計測して補正をかけることで水晶発振器を凌ぐ性能を確保し、またシリコン半導体に組み込みことも可能であることを強調されていました。

(4)Metal Oxide Gas Sensing Material and MEMS Process
Mr. Collin Twanow, Micralyne Inc.(Canada), Vice President of Technology


 カナダのアルバータ地方には一般財団法人マイクロマシンセンターと国際アフィリエートになっているナノマイクロ研究所であるACAMPや、MEMSファンドリも行っているMEMS研究開発型の企業Micralyneをはじめ、沢山のMEMS関連企業があり、既に何年にも渡って国際交流を行っています。今回はMNOICをはじめ既に何回もマイクロマシンセンターを訪問頂いている、MicralyneのCollin Twanow副社長からMetal Oxide Gas Sensing Material and MEMS Processと題する講演がありました。大気汚染や環境問題に対する解として、環境センサに注目され、特に大気中の一酸化炭素や、VOC(揮発性有機物)を高感度で検出可能なセンサが重要とされ、最近Micralyneで開発中のマイクロホットプレート型のMOS(金属酸化物)センサの紹介がありました。
国際交流担当 三原 孝士

|

2017年10月 6日 (金)

「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」、盛況の内に閉幕

                  
                  

  2017年 10月 4日(水) から6日(金)まで幕張メッセで開催された「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」は、3日間の開催期間を終え、盛況の内に閉幕しました。来場された皆様方に御礼申し上げます。特に、最終日である6日(金曜日)は、午後から雨との予報にもかかわらず多くの来場者がありました。
   最終日は、国際マイクロマシン・ナノテクシンポジウム及びスマートセンシング&ネットワーク(SSN)研究会公開シンポジウムが12:30から16:40まで開催され、多くの聴衆が熱心に聞き入っておりました。
                  
   以下は、シンポジウムでご講演頂いた講師の方々です。

                  

                  CEA LETI Fellow Dr. Marc Duranton
                  
                  

                  Fraunhofer Institute Dr. Mario Baum
                  
                  

                  メガチップス 米田秀樹氏 
                  
                  

                                                     Micralyne Inc. Mr.Collin Twanow
                  
                  
                  

                  東京女子医大 村垣善浩教授
                  
                  

                  首都大東京 五箇繁善准教授
                  
                  

                  産総研 山本 淳グループ長
                  

    今回ご来場頂きました皆様に御礼申し上げます。
                  
    来年は10月17日(水)~19日(金)に今回と同様、幕張メッセにおいて、CEATEC JAPANと同時開催を予定しております。
                  
    また来年もご来場頂けますよう関係者一同お待ちしております。
                  
                  
                  

                  

| | コメント (0)

「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」最終日(3日)を迎える


                  
                  

                  

                  
   盛況開催中の「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」は本日、最終日3日目を迎えました。
   昨日2日目も初日同様、展示会場は、IoTに不可欠な技術分野ということで来場者からも関心が高く、例年にも増して多くの来場者にあふれた活気に満ちた会場風景となりました。
                  
   本日は、国際マイクロマシン・ナノシンポジウムを開催いたします。
                  
                  

                  

 最終日もよろしくお願い致します。
                  
  昨日開催した研究開発プロジェクト成果報告会では、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や国から受託し、研究開発を進めているプロジェクトについて、各プロジェクトの責任者から報告がなされ、聴衆者が熱心に聞き入っていました。
                  
                  
                  


                  司会・進行を行う長谷川専務理事
                  
                  

                  特別講演を行う 経済産業省 徳増伸二参事官
                  
                  

                  LbSSの成果発表を行う 東大 藤田教授
                  
                  

                  RIMSの成果発表を行う 東大 下山教授
                  
                  

                  ULPACの成果発表を行う 産総研 柳町主任研究員
                  
                  

                  UCoMSの成果発表を行う 東大 伊藤教授
                  
                  

                  AIRsの研究開発を発表する 東大 下山教授
                  
                  

                  講評を行う NEDO 弓取ロボット・AI部長
                  

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」2日目を迎える

                  

   開催中の「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」の1日目の様子をお知らせします。まず、展示会場ですが、IoTに不可欠な技術分野ということで来場者からも関心が高く、CEATECからの来場者も多く活気に満ちた会場風景となりました。

   本日は、研究開発プロジェクト成果報告会を開催します。プログラムは、以下のとおりです。本日もご来場をお待ちしております。

                  

                  

   昨日開催しましたMEMS協議会フォーラムには、多くの参加者があり盛況の内に終了しました。                   

                  
                  開会挨拶 MMC青柳副理事長
                  
                  
                  MMC調査研究・標準部長 大中道崇浩
                  
                  
                  MNOIC開発センター長 荒川雅夫
                  
                  
                  会場風景
                  
                  
                  立命館大学理工学部 教授 小西 聡
                  
                  
                  MMC産業交流部長 今本浩史

続きを読む "「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」2日目を迎える"

|

2017年10月 4日 (水)

MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017開幕

  本日10時、10月4日(水)から6日(金)までの3日間を会期とした「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」が開幕しました。会場は、幕張メッセ内の国際展示場7及び国際会議室302です。

   MEMSセンシング&ネットワークシステム展 2017」には、早朝からの小雨にも関わらず開催時から多くの来場者が訪れ、スマートMEMS、最先端センサー&デバイス、技術開発プロジェクトが一堂に会する展示会として活況を呈しています。                  

Dsc00669

                  

Dsc00671

                  

Dsc00675

              

  今回は、『CEATEC2017』と同時開催を行っており、お互いの参加者が行き来できる環境が整っています。また、昨年と同様に国内外のフォトニクス製品・技術が集結する先端光技術の展示会である『InterOpto』と共同開催しています。いろいろな分野で、幅広い最新技術・動向も併せてご覧頂けますので、明日以降も奮ってご来場方お願い致します。(事前登録で入場料は無料となります。)    

 本日開催のMEMS協議会フォーラムのプログラムは以下のとおり。                                   Photo_2

  会場では、IoT分野の核となるMEMSセンシング&ネットワークシステム分野の未来ビジネスの核となる先端技術の紹介や、先進プロジェクトや産学連携の情報を提供致しますので、皆様のご来場をお待ちしております。

(一般財団法人マイクロマシンセンター 水島)
                  
                  
                  

                  

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017開催目前に迫る


                  「MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017 -IoTシステムの最先端技術展-」
の開催が目前に迫ってきました。
                  

                  今年はAll About PHOTONICS、CEATEC2017等との同時開催として、以下の日程で開催いたします。大勢の皆さまのご来場をお待ちしております。                   

                       
  • 会期:2017年10月4日-6日
  •                    
  • 場所:幕張メッセ 国際展示場 Hall7、国際会議場会議室302
  •                   
                  

                  また、国際会議場では連日以下の最先端情報を発信するセミナー・シンポジウムを併催しますので是非ご参加下さい。

                   

10月4日(水)MEMS協議会フォーラム

                  
                       
  • センサーネットワーク時代に向けたSSI(スマートセンシングインタフェース)標準の研究開発
  •                    
  • MNOICが提供するMEMSオープンイノベーション
  •                    
  • 国際会議におけるMEMS関連研究の動向
  •                    
  • MEMS関連市場の最新動向
  •                   
                  

                   10月5日(木)研究開発プロジェクト成果報告会

                  
                       
  • Connected Industries推進に向けた我が国製造業の課題と取り組み
  •                    
  • 超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステム(LbSS:Learning-based Smart Sensing System)の研究開発
  •                    
  • 道路インフラモニタリングシステム(RIMS:Road Infrastructure Monitoring System)の研究開発
  •                    
  • センサ端末同期用原子時計(ULPAC:Ultra-Low Power Atomic Clock)の研究開発
  •                    
  • ライフラインコアモニタリングシステム(UCoMS:Utility Infrastructure Core Monitoring System)の研究開発
  •                    
  • 空間移動時のAI融合高精度物体認識システム(AIRs)の研究開発
  •                   
                  

                   10月6日(金)国際マイクロマシン・ナノテクシンポジウム

                  
                       
  • CEA LETIにおけるIoT関連技術最前線
  •                    
  • MEMS and NEMS Technologies for a Smart World
  •                    
  • SiTime社のMEMS発信器の最新技術
  •                    
  • Metal Oxide Gas Sensing Material and MEMS Process
  •                    
  • Iotを駆使したスマート治療室SCOT
  •                    
  • 超小型原子時計の最新展望
  •                    
  • 熱電発電の最新動向と課題
  •                   
                  

                   概要は以下のページを参照下さい。
                    http://www.mems-sensing-network.com/

| | コメント (0)

MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017開催目前に迫る


                  「MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017 -IoTシステムの最先端技術展-」
の開催が目前に迫ってきました。
                  

                  今年はAll About PHOTONICS、CEATEC2017等との同時開催として、以下の日程で開催いたします。大勢の皆さまのご来場をお待ちしております。                   

                       
  • 会期:2017年10月4日-6日
  •                    
  • 場所:幕張メッセ 国際展示場 Hall7、国際会議場会議室302
  •                   
                  

                  また、国際会議場では連日以下の最先端情報を発信するセミナー・シンポジウムを併催しますので是非ご参加下さい。

                   

10月4日(水)MEMS協議会フォーラム

                  
                       
  • センサーネットワーク時代に向けたSSI(スマートセンシングインタフェース)標準の研究開発
  •                    
  • MNOICが提供するMEMSオープンイノベーション
  •                    
  • 国際会議におけるMEMS関連研究の動向
  •                    
  • MEMS関連市場の最新動向
  •                   
                  

                   10月5日(木)研究開発プロジェクト成果報告会

                  
                       
  • Connected Industries推進に向けた我が国製造業の課題と取り組み
  •                    
  • 超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステム(LbSS:Learning-based Smart Sensing System)の研究開発
  •                    
  • 道路インフラモニタリングシステム(RIMS:Road Infrastructure Monitoring System)の研究開発
  •                    
  • センサ端末同期用原子時計(ULPAC:Ultra-Low Power Atomic Clock)の研究開発
  •                    
  • ライフラインコアモニタリングシステム(UCoMS:Utility Infrastructure Core Monitoring System)の研究開発
  •                    
  • 空間移動時のAI融合高精度物体認識システム(AIRs)の研究開発
  •                   
                  

                   10月6日(金)国際マイクロマシン・ナノテクシンポジウム

                  
                       
  • CEA LETIにおけるIoT関連技術最前線
  •                    
  • MEMS and NEMS Technologies for a Smart World
  •                    
  • SiTime社のMEMS発信器の最新技術
  •                    
  • Metal Oxide Gas Sensing Material and MEMS Process
  •                    
  • Iotを駆使したスマート治療室SCOT
  •                    
  • 超小型原子時計の最新展望
  •                    
  • 熱電発電の最新動向と課題
  •                   
                  

                   概要は以下のページを参照下さい。
                    http://www.mems-sensing-network.com/

| | コメント (0)

MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017開催目前に迫る


                  「MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017 -IoTシステムの最先端技術展-」
の開催が目前に迫ってきました。
                  

                  今年はAll About PHOTONICS、CEATEC2017等との同時開催として、以下の日程で開催いたします。大勢の皆さまのご来場をお待ちしております。                   

                       
  • 会期:2017年10月4日-6日
  •                    
  • 場所:幕張メッセ 国際展示場 Hall7、国際会議場会議室302
  •                   
                  

                  また、国際会議場では連日以下の最先端情報を発信するセミナー・シンポジウムを併催しますので是非ご参加下さい。

                   

10月4日(水)MEMS協議会フォーラム

                  
                       
  • センサーネットワーク時代に向けたSSI(スマートセンシングインタフェース)標準の研究開発
  •                    
  • MNOICが提供するMEMSオープンイノベーション
  •                    
  • 国際会議におけるMEMS関連研究の動向
  •                    
  • MEMS関連市場の最新動向
  •                   
                  

                   10月5日(木)研究開発プロジェクト成果報告会

                  
                       
  • Connected Industries推進に向けた我が国製造業の課題と取り組み
  •                    
  • 超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステム(LbSS:Learning-based Smart Sensing System)の研究開発
  •                    
  • 道路インフラモニタリングシステム(RIMS:Road Infrastructure Monitoring System)の研究開発
  •                    
  • センサ端末同期用原子時計(ULPAC:Ultra-Low Power Atomic Clock)の研究開発
  •                    
  • ライフラインコアモニタリングシステム(UCoMS:Utility Infrastructure Core Monitoring System)の研究開発
  •                    
  • 空間移動時のAI融合高精度物体認識システム(AIRs)の研究開発
  •                   
                  

                   10月6日(金)国際マイクロマシン・ナノテクシンポジウム

                  
                       
  • CEA LETIにおけるIoT関連技術最前線
  •                    
  • MEMS and NEMS Technologies for a Smart World
  •                    
  • SiTime社のMEMS発信器の最新技術
  •                    
  • Metal Oxide Gas Sensing Material and MEMS Process
  •                    
  • Iotを駆使したスマート治療室SCOT
  •                    
  • 超小型原子時計の最新展望
  •                    
  • 熱電発電の最新動向と課題
  •                   
                  

                   概要は以下のページを参照下さい。
                    http://www.mems-sensing-network.com/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧