« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月28日 (木)

IEC/TC47 国際標準化全体会議(オンライン開催)参加報告(2021年10月4~8日)

 IEC(国際電気標準会議)/TC47(半導体分野技術委員会)の国際標準化全体会議が、10月4~8日にオンラインで開催され、関連する10月5~8日の会議に参加しました。

 10月5日には、TC47WG7会議(半導体デバイス エネルギーハーベスタ、エネルギー変換・伝送分野)が開催され、現在審議中の規格案、新規提案等について議論しました。
 日本からは、本WGの主査を務めておられる東京大学鈴木教授、神戸大学神野伊策教授、兵庫県立大学藤田孝之教授、名古屋工業大学神谷庄司教授、産総研山本淳先生他、計8名が参加しました。
 鈴木雄二教授が現在提案中のCD「低周波・大振幅かつ回転運動を含む振動発電の特性試験方法」、神野教授が現在提案中のNP「衝撃力による振動発電の特性試験方法」について審議結果とコメント対応について説明されました。その結果、それぞれコメントを反映した規格案を会議後IECのCollaboration Platformで回付し、各国エキスパートが内容を確認することになりました。
 Maintenanceでは、鈴木教授提案のIS「IEC 62047-28:MEMSエレクトレット振動発電デバイスの性能試験方法」の安定期日(Stability date)の2021年から2025年への延長が了承されました。
 また、今後提案予定の規格を紹介するFuture workでは、山本先生が開発している規格案「熱電発電エネルギーハーベスタ」の進捗状況を説明されました。

 10月6日にはTC47/SC47F/WG1-3&MT会議(MEMS分野)が開催され、31名(日本13、韓国8、中国8、ドイツ1、米国1)が出席し、現在審議中の規格案、新規提案等について議論しました。
 日本の主な出席者は、SC47F主査である東京都立大学諸貫信行教授と熊本大学高島和希教授、同じく主査である次世代センサ協議会大和田邦樹副会長、PLである神戸大学神野伊策教と近畿大学宍戸講師、名古屋工業大学神谷庄司教授、名古屋工業大学泉隼人助教授、SC47F国際幹事マイクロマシンセンター三原孝士でした。
 WG1では、諸貫教授が長年務められたコンビナーを退任されることが述べられました。次いで、大和田副会長が先端素材高速開発技術研究組合の古田一吉部長を諸貫教授の後任として推薦され、吉田部長から自己紹介がなされました。これから各国への承認を貰うQuestionnaireが回付され、最終的な決定がなされます。
 WG2では、神野教授が2021年7月にCDを回付し9月にコメント投票が完了した「IEC 62047-42:圧電MEMSデバイスのマイクロカンチレバー特性信頼性試験方法」についてコメント対応を紹介され、各国エキスパートと議論しました。その結果、次のステップであるCDへの移行が承認されました。次いで、宍戸講師が2021年1月に提案し4月にNPが承認された「IEC 62047-43:フレキシブルMEMSデバイスの繰返し曲げ耐久性試験方法」についてコメント対応を紹介され、各国エキスパートと議論しました。
 MT1(Maintenance team1)では、コンビナーの高島教授からISに関するStability date見直しについて説明がありました。
 Future Workでは、中国から4件、韓国から1件の新プロジェクト概要が紹介されました。これらプロジェクトは2021年10月から2022年3月にかけてIECへ提案される見通しとのことでした。
 また、次回のWG1-3&MT1合同会議を来年5月19日に日本の熊本で開催することを提案し、了承されました。

R3_10standard_1R3_10standard_2
TC47/SC47F/WG1-3&MTオンライン会議の様子
(撮影 名古屋工業大学 神谷庄司教授)

 10月7、8日には、それぞれTC47/SC47F全体会議、TC47全体会議が開催され、WGおよびSCにおいて決議された内容について各主査及び議長が報告しました。

 今回も昨年同様オンライン開催となりましたが、予定していた議題全てを議論することができ、充実した会議となりました。
 次回の本会議は来年11月に米国・サンフランシスコで開催されます。また、日韓中が持ち回りで開催しているSC47E(個別半導体デバイス)WG1(半導体センサ分野)、WG2(マイクロ波デバイス分野)、SC47F(MEMS分野)の合同会議は、来年5月18~20日に開催する予定です。同じく、日韓中が持ち回りで開催しているTC47/WG7(エネルギーハーベスタ分野)のWG会議も、前記合同会議と同時に熊本で開催します。

調査研究・標準部長 時岡 秀忠

 

| | コメント (0)

2021年10月 4日 (月)

マイクロマシン/MEMS分野関連 【経済報告 2021年10月号】

 マイクロマシンセンターでは、マイクロマシン/MEMS分野を取り巻く経済・政策動向のトピックを、いろいろな観点からとらえて発信しています。

 今月号、マイクロマシン/MEMS分野関連 【経済報告 2021年10月号】 をお届けします。
 業務の参考として頂ければ幸いです。

 以下より【経済報告 2021年10月号】PDFをご参照下さい。

 【経済報告 2021年10月号】(「2021_10.pdf」)へアクセス
    (http://mmc.or.jp/info/monthly/economic_report/2021_10.pdf

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »