« 「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」、盛況の内に閉幕 | トップページ | IEC/TC47国際標準化会議(2017年10月9~13日) »

2017年10月12日 (木)

International Conference on Flexible and Printed Electronics 2017

 フレキシブル及びプリンテッドエレクトロニクス(ICFPE)に関する国際会議が韓国・済州島の新羅ホテル(写真1)で9月4日から7日まで開催されました。会議は韓国プリンテッドエレクトロニクス協会(KoPEA)が主催し、サムスン電子とLG電子が後援でした。ICFPEは、印刷されたエレクトロニクス分野とフレキシブルなエレクトロニクス分野において、主要な国際会議の一つであり、毎年800人以上が参加します。東京(2012年)、済州(2013年)、北京(2014年)、台湾(2015年)、山形(2016年)のアジアの主要都市で開催された伝統ある会議です。毎年アジアで開催されていますが、ICFPEは、有機エレクトロニクス協会(OE-A)の強力な支援を受けて、ヨーロッパやアメリカなど、世界中からの多くの参加者がいます。今年は18カ国からの参加者が会議に出席しました。78件の招待講演、81件の口頭発表、および166件のポスター発表を含む325件の発表がありました。

1a
1b

写真 1:会議の会場、新羅ホテル、済州島、韓国

 
 会議はサムスンエレクトロニクスのセミコンダクター事業部長、キムムン博士の歓迎スピーチによって始まり、3日間に渡って印刷やフレキシブルエレクトロニクスに関連する次の主要な 分野のトピックについて議論が行われました。


基礎科目
• 材料およびコンポーネント
• 機器
• 機器(ロールツーロール、印刷、コーティングなど)
• デバイス物理学および回路設計
• 電気的測定および評価

アプリケーション
• フレキシブルディスプレイ&照明
• センサー&スマートIT
• スマートテキスタイル
• エナジーハーベスティング

新興領域
• 電子アプリケーション用の2.5Dおよび3D印刷
• ウェアラブル/伸縮性エレクトロニクス
• 輸送用フレキシブル&プリントエレクトロニクス
• 産業向けスマートIT 4.0

製造業
• 付加製造
• ハイブリッド製造
• スケールアップの問題
• 測定と信頼性

 

 プレゼンテーションでは、フレキシブルで低コストのデバイス製造における印刷エレクトロニクス技術の実装を目的としたさまざまな取り組みが発表されました。特に、低コストのフレキシブルデバイスとプリンテッドデバイスを高性能のシリコンベースの電子部品と組み合わせることを目的とした、ハイブリッドエレクトロニクスへの関心が高まっていました。Jukka Hast教授(フィンランドVTT)のオーガナイズドセッション「シリコンチップハイブリッド印刷エレクトロニクス」で、このトピックが取り上げられました。東京大学の染谷隆夫教授もハイブリッドエレクトロニクスに関して、プレナリースピーチで講演しました。教授はプリンテッドエレクトロニクスのアプリケーション用の、軽量で超薄型の基板の開発における最近の進歩を示しました(写真2)。

2

写真2:東京大学の染谷隆夫教授は、プレナリースピーチで「伸縮性のある電子スキン」は伸縮可能な圧力感知手袋を実現可能であることを示しました。


 ICFPE会議は 最後の口頭発表に続くポスターセッション(写真3)を行い、9 月7日の午後 に 終了しました 。 会議では、多くの研究者が出席して技術的なセッションに参加し、世界中からの専門家と議論する機会を得ることができました。

3

写真 3:ポスターセッション

(技術研究組合NMEMS技術研究機構 Daniel Zymelka)

|

« 「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」、盛況の内に閉幕 | トップページ | IEC/TC47国際標準化会議(2017年10月9~13日) »

Pj RIMS研究開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「MEMS センシング&ネットワークシステム展 2017」、盛況の内に閉幕 | トップページ | IEC/TC47国際標準化会議(2017年10月9~13日) »