« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

NEDO委託事業「超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステムの研究開発」がキックオフ

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から受託しました「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト/超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステムの研究開発(LbSSプロジェクト)」の第1回会合(キックオフ会議)が7月29日(金)に新テクノサロンにて開催されました。本キックオフ会議には、経済産業省及びNEDOからの御来賓の臨席を賜り、プロジェクトに参画する各社/各機関の研究者及び事務局メンバーらが参加しました。

 

 

 【LbSSキックオフ会議の様子】

 本研究開発では、工場等の設備の稼働状況等の把握を目的とするスマートセンサモジュール、高効率MEH(Micro Energy Harvester)などの自立電源、及びスマートセンシングフロントエンド回路を開発し、動的センシング制御可能な無給電のスマートセンサ端末を実現します。さらに、同時に開発する学習型スマートコンセントレータとの連携により、従来の環境発電で収集可能な有価情報量を100倍化することを可能とする学習型スマートセンシングシステムの基盤開発と実証を行います。技術研究組合NMEMS技術研究機構には、日立製作所、ローム、富士電機、オムロン、鷺宮製作所、マイクロマシンセンター、静岡大学、東京大学、電力中央研究所および東京電力ホールディングスのユーザ企業も含めた産学10機関が結集し、2020年までの5年間にわたり研究開発・実証を進めていくことになります。このキックオフ会議では、NMEMS技術研究機構今仲行一理事長の主催者挨、経済産業省及びNEDOからの御来賓の挨拶の後、NEDO IoT推進部の奥村主査よりNEDOプロジェクトマネジメント方針の説明、プロジェクトの研究開発責任者であるNMEMS機構 スマートセンシング研究所 藤田博之所長(東京大学 生産技術研究所 教授)よりプロジェクト概要、リーダー方針の説明、研究開発テーマの本年度計画・最終目標の説明、成果最大化に向けた取り組みの説明と続きました。最後に参加者全員から自己紹介とプロジェクトへの意気込みの表明がなされました。
 
 東京大学 藤田博之教授のリーダー方針は以下の通り。
1.ユーザ機関と連携した実証実験を最重視。実証現場へのプロトタイプ端末の早期(前倒し)導入。その結果のフィードバック。
2.普及型・低コストデバイス/端末を実現。ユーザ指向の優れた使い勝手とデザインをめざし「ユーザが使いたくなる」システムを造る。
3.ニーズと技術レベル(実現性)との間の最適解を追究。(トレードオフを意識したバランスのとれた研究開発)
4.IoT横断技術としての広がりの探求。生産現場以外の適用対象の調査とそれに合致した仕様の特定。
5.適切なタイミングで効果的な(インパクトのある)情報発信(広報)。
6.オープン化戦略(各I/Fの公開や標準適用等)により、他社との相互接続や、他産業や海外への展開を促進。
 
 キックオフ会議の終了後は意見交換会を開催して、プロジェクトの研究者間で活発な意見交換・交流が行われました。今後得られました成果に関しましては、適宜発信していきたいと思っております。

 

 【LbSS意見交換会の様子】

 これで今回のキックオフ会議を皮切りに、今後5年間の超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステムの研究開発(LbSSプロジェクト)」が本格始動いたします。研究開発状況、研究成果等につきましては本ブログやLbSSプロジェクトのHPサイトを通じて随時発信するとともに、研究成果報告会も定期的に開催してまいります。皆さまのご支援のほど、よろしくお願いいたします。

<NMEMS技術研究機構スマートセンシング研究所 逆水登志夫>

| | コメント (0)

2016年7月28日 (木)

IoT/LbSS研究開発が始動へ、HPサイトをリリース


 先日(7/8)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、「超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステム(LbSS:Learning based Smart Sensing System)の研究開発」の研究テーマの採択がが決まり、NMEMS技術研究機構ユーザー企業も含めた産学10機関が結集し、2020年までの5年間にわたり研究開発・実証を進めていくことになります。本研究開発(IoT/LbSS)の始動にあたり、このたびHPサイトをリリースしました。

 IoT/LbSSにおいては、工場等の設備の稼働状況等の把握を目的とするスマートセンサモジュール、高効率MEHなどの自立電源、及びスマートセンシングフロントエンド回路を開発し、動的センシング制御可能な無給電のスマートセンサ端末を実現します。さらに、同時に開発する学習型スマートコンセントレータとの連携により、従来の環境発電で収集可能な有価情報量を100倍化することを可能とする学習型スマートセンシングシステムの基盤開発と実証を行います。

           【研究開発の全体図】


 7月29日のLbSSキックオフ会合を皮切りにLbSSプロジェクトが実質的にスタートします。今後、プロジェクトの進捗に応じてHPサイトの内容も随時更新していきます。

(青柳@NMEMS技術研究機構)


|

2016年7月14日 (木)

【平成28年7月の経済報告】 

 本項は、マイクロマシン/MEMS分野を取り巻く経済・政策動向のトピックを、いろいろな観点からとらえて発信しています。

 梅雨明け、平成28年7月の経済報告をお届けします。業務の参考として頂ければ幸いです。  

 内容は、以下のPDFをご参照下さい。

「2016.7.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

MEMSセンシング&ネットワークシステム展の開催準備進む(9月14日-16日)

 MEMS関連の技術・製品・アプリケーションを一堂に展示する「MEMSセンシング&ネットワークシステム展」の開催準備が進んでいます。
 
 名称:MEMSセンシング&ネットワークシステム展
 会期:2016年9月14日(水)~16日(金)
 会場:パシフィコ横浜

 同時開催:InterOpto/LaserTech/BioOpto Japan/LED JAPAN
 URL:http://www.mems-sensing-network.com/
 
 開催内容を順次ご紹介しますが、今回は「研究開発プロジェクト成果報告会」のプログラムをお伝えします。
 
 名称:研究開発プロジェクト成果報告会
 開催日時:2016年9月15日(木)11:00-14:25
(昼休み1時間を含む)
 趣旨:
様々な社会課題解決のツールとして、センサーを活用したモニタリングシステムに期待が高まっています。本セミナーでは国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や国から受託し、研究開発を進めているプロジェクトについて報告します。

第一部  発表者
11:00-
11:30
道路インフラの統合的な常時監視を実現するモニタリングシステムの研究開発
 スーパーアコースティックセンサによる橋梁センシングシステム、フレキシブル面パターンセンサによる橋梁センシングシステム、道路付帯構造物傾斜センシングシステム、法面変位センシングシステム等について 
東京大学教授
 下山 勲
11:30-
12:00
ライフライン系都市インフラのモニタリングシステムの研究開発
 公共的な施設のエネルギー供給管理システム等のライフラインのコアを対象に、無線センサネットワークを構築して、異常検知・交換時期の予測を目指して 
東京大学教授
 伊藤 寿浩
12:00-13:00 昼休み  
第二部   
13:00-
13:20
トリリオンセンサ社会を支える高効率MEMS振動発電デバイスの先導研究
 直径20mm程度の一円玉サイズの面積で発電効率を従来比2桁以上に飛躍的に高めた10mW級の振動発電素子を実現するための設計・製作・評価技術について
東京大学教授
 年吉 洋
13:20-
13:40
「完全自動化」自動車に不可欠な自車位置や周囲環境の革新認識システムの先導研究
 ①分子慣性ジャイロ:自車位置を常に厳密に把握する技術、②分光イメージャ:周辺環境を常に正確に把握する技術、③高精度認識アルゴリズム技術について 
東京大学教授
 下山 勲
13:40-
14:00
モニタリングシステムの構築・運用の革新を目指すセンサ端末同期用原子時計の研究開発
 
産総研
 柳町 真也
14:00-
14:20
牛の受胎率向上と疾病予防のためのウェアラブル生体センシング技術の研究開
 
農水省
 新井 鐘蔵
  成果については展示会ブースにおいても展示・説明を行っておりますので、お立ち寄りください。
  <成果普及部 内田和義>

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

イノベーションジャパン2016にMEHとIRiSが出展(8月25-26日)

 イノベーションジャパンは今年で13回目となる国内最大規模の産学マッチングイベントであり、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が主催し、8月25-26日に東京ビッグサイト西1ホールで開催されます。
 このイノベーションジャパン2016に「高効率MEMS振動発電デバイス先導研究(MEH)」と「革新認識システムIRiSの先導研究」が出展します。それぞれ、パネル展示、デモンストレーション、プレゼンテーションを行いますので、ぜひご来場ください。

(1)「高効率MEMS振動発電デバイス先導研究(MEH」の出展内容
 「トリリオンセンサ社会を支える高効率MEMS振動発電デバイスの研究」として、以下の成果をパネル展示とプレゼンテーションします。
 センサネットワークの稼働には電源は必須で、自立的な環境発電として振動発電に期待が高まっています。しかし現状では発電量の制約からアプリケーション範囲が限られています。エレクトレットとMEMS構造を活用し、電力量を100μWから10mW超を目指す振動発電デバイスの研究開発を報告します。

(2)「革新認識システムIRiSの先導研究」の出展内容
 「完全自動化運転」自動車に不可欠な革新認識システムとして以下の成果をパネル展示とプレゼンテーションを行います。
 ①分子慣性ジャイロ:航空機・宇宙用並みの精度をもち、GPS途絶下でも自車位置の正確な認識が可能な小型・低価格MEMSジャイロ。
 ②分光イメージャー:可視光に加えて赤外光も検知し、雪など悪天下でも200m先までの人や障害物を認識するイメージャー
 ③認識アルゴリズム:イメージャーで検知した画像から、ディープラーニングを駆使して人なのか車なのか等を認識するアルゴリズム
 以上。
 <成果普及部 内田和義>


| | コメント (0)

2016年7月 5日 (火)

MEMS協議会推進委員会・メンバー交流会を開催しました。(2016年6月27日)

 平成28年度のMEMS協議会の活動計画を審議するMEMS協議会推進委員会を6月27日、秋葉原のテクノサロン(MMCの7F)にて開催しました。経済産業省・産業機械課、および新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からのご来賓を交えて、MEMS協議会正メンバー会員が集まりました。
 最初にMEMS協議会山西健一郎会長(当センター理事長)による主催者挨拶があり、日本のMEMS分野に於ける真の産官学連携のハブになるべく、活動を進めていること、最近のトピックスとして1つはスマートセンシング&ネットワーク研究会(SSN研究会)の標準化WGが提案した、SSN共通プラットフォーム標準化が、経済産業省の国際標準化事業に採択されたこと、二つ目は、設立から6年目のMNOIC事業が、TIAのオープンイノベーション基盤として、順調に事業量を増やしていることを述べられました。
  
   写真 1 MEMS協議会推進委員会
 
 その後、経済産業省産業機械課長として6月17日に着任されたばかりの片岡隆一様からのご挨拶として、MEMS協議会、MNOICがそれぞれ設立後10年と5年経過したまさしく区切りの年であり、今後どうしていくかの議論が重要である。昨今の中国やEUの国際状況の中で、日本が引き続き産業競争力を強化し国内に製造基盤を残すためには、MEMSのような中核技術への期待が大きいと述べられました。
  
   写真2 経済産業省片岡産機課長による来賓ご挨拶
 
 MEMS協議会推進委員会では、小川治男MEMS協議会副会長を委員長とし、今年度の活動計画について活発な議論が進められ、原案どおり承認されました。引き続き行われたメンバー交流会では、アソシエートメンバーと個人会員も含め約50名の参加があり、AI・ロボットだけでなく、センサ、アクチュエータ等MEMSの重要性について、様々な意見が交わされました。最後にMEMS協議会副会長伊藤寿浩東大教授の中締めのご挨拶と一本締めで、本交流会が終わりました。
            (MEMS協議会 渡辺 秀明)


| | コメント (0)

2016年7月 1日 (金)

MNOIC実習講座のご案内

2016MNOIC実習講座「インフラおよび産業機器モニタに利用可能な、MEMSセンサの回路・システム実習」
 
主催:一般財団法人マイクロマシンセンター MNOIC事業
日時:2016年 8月 25日(木)13:30から26日(金)16:30まで
場所:産業技術総合研究所つくば東事業所 4G棟(NMEMSイノベーション棟)会議室

 一般財団法人マイクロマシンセンター・MEMS協議会は、TIAの掲げるオープンイノベーションの一つ、MEMS・マイクロナノ領域における産業推進の一環として国立研究開発法人・産業技術総合研究所・集積マイクロシステム研究センターの研究施設を用いた研究支援を行うMNOIC(マイクロナノ・オープンイノベーションセンター)事業を実施しています。また、これらの研究施設を使ったMNOIC実習セミナーをTIAサマーセミナーの一環として夏季に実施し、好評を頂いています。特に最近のIoT(Internet of Things)の大きな流れを受けて、センサとマイコン、無線が一体化したセンサ端末モジュールと、その利用方法に関する注目が一気に広がっています。このようなセンサ端末は、センサ製造販売企業や、半導体各社が既に製品化していますが、センサは個別課題を解決するために多様性が重視され、既存モジュールを置くだけでは有効に利用できない場面が多々あります。そのためには利用者が、センサ+マイコン+無線のモジュールの特徴、動作原理やその構成をよく理解する必要がありますが、高度な専門技術が必要であって、簡単ではありません。今回はこのような課題に少しでも貢献するために、世界標準のセンサ実験端末であるArduinoを用いて、温度、光量を計測して、マイコンで処理し、LEDの点灯、LEDの光量制御、パソコンでの制御やパソコンの表示装置への出力、液晶表示装置(LCD)への表示と言う最も基本的な動作の実習を行います。実習にはマイコンボード、ブレッドボード、センサの実装や配線、実際のC言語を使ったプログラミングを行います(C言語の知識は特に必要ありません)。また、これらの実習で得たスキルを用いて、受講者ご自身にMEMS加速度センサを用いて配線、プログラムを作成し、3軸の振動状態をパソコンに表示する振動モニタシステムを構成して頂きます。更に、この振動状態をLEDにその強弱で表示、LCDに数値で表示、更に光量センサと連動して、暗い時だけ信号が出る等のプログラミングにも挑戦していただきます。この機会に是非、IoTの実際を体験していただければと思います。
 
【本実習講座の特徴】
 実習講座の構成としては、教材は、Arduinoマイコンボード、ブレッドボード、MEMS加速度センサを含むセンサ一式、LCDやLEDの表示デバイス一式、教材ドキュメント、教材として使うソフトウェア例を含むCDROMとなります。また実習構成としては、第一日目は学習プログラムに従って各自が機能を確認すること、また第二日目は、初日に学習したことの理解を深めるために、MEMS加速度センサの回路およびシステムの配線とプログラミングを行って頂き、この開発環境の中でセンサを使いこなせるようにして頂きます。教材として準備されたプログラムを修正して使うことにより、僅か2日間で高度なMEMSセンサが使いこなせるレベルに達する有意義な実習となっています。更に、教材は実習時に購入頂きますので、作成した教材を持ち帰ることが出来て、更なるスキルアップが可能です。
 
【教材に関する説明】
(1) Arduinoマイコンボード (Arduino Uno Rev3)
通常のマイコンは、その開発環境を(多くは)有料で開発ソフトとインタフェースボードキットを購入し、また難解なマイコンのマニュアルや、C言語で書かれた制御プログラムのマクロを学習して多くのスキルを身に付ける必要があります。しかしArduinoはマイコンボードに直ぐに使えるインタフェース、特に開発に使うパソコンとのシリアル通信ボードを供え、マイコンへのデータ入力や、出力の表示を行うことで、LCD等の追加表示デバイスを追加することなし、プログラムのデバッグが行え、かつプログラムが完成すると、センサ端末として直ぐに使えることです。また難解なプログラム開発も、準備された教材プログラムの一部を修正するのみで独自仕様に構成することができ、マイコンの利用障壁を大幅に下げることが可能です。このため、新規なセンサを短時間で有用なセンサ端末に仕上げることが可能になります。
 主な仕様
・搭載マイコン:ATmega328(
・マイコン動作電圧:5V
・ボード入力電圧:7-12V
・デジタルI/Oピン:x 14
・PWM出力可能ピン:x 6
・アナログ入力ピン:x 6
・フラッシュメモリ:32キロバイト
・SRAM:2キロバイト
・EEPROM:1キロバイト
・クロック周波数:16MHz

  図1 今回実習に使うArduinoマイコンボード
 
(2)ブレッドボード BB-801
 はんだごてを使わずに電子工作ができる万能ボードです。 部品の組み換えが、部品や配線の抜き差しですぐにできます。 簡単な電子回路の製作や、センサ回路の動作テスト等に最適です。
 
・穴数:400
・サイズ:82X53X8mm
・電源ライン(赤・青):2系統
  
  図2 今回実習に使うセンサ端末ブレッドボードと組み立て例
 
(3) MEMS加速度センサ
 3軸加速度センサモジュール KXSC7-2050
 Kionix社のチップ型3軸加速度センサである、KXSC7-2050をDIP基板に半田付けして取り扱いを容易にしたものです。本体の共振周波数はZ軸で2kHz、他は4kHzですが、このモジュールは基板上にローパスフィルタ用コンデンサを装備し出力周波数帯域を50Hzにしています。また660mV/Gの高い感度と、ノイズスペクトルが100uG/Sqr(Hz)と大きなダイナミックレンジを持っています。
 【主な仕様】
・レンジ:±2G
・感度:660mV/G
・オフセット:1.65V
・標準動作電圧:3.3V
  
  図3 MEMS加速度センサ
 
【実習プログラム】
2016年 8月25日(木)
13:30  開講の挨拶
13:40  オリエンテーション 実施担当 MMC 三原
14:00 Arduino とは? Van Techno 萬代氏
15:00 Arduino インストールからプログラム開始 萬代氏
16:30  各種センサ、LCD等のプログラミング実習 萬代氏
17:30  終了
18:00 交流会
 
2016年 8月26日(金)
9:00 MEMS加速度センサ実習 以下担当 三原
9:30 受講者各自による回路配線、プログラミング
(加速度センサのパソコン出力)
12:00 昼食休憩
13:00 MEMS加速度センサのLCD出力
15:00 MEMS加速度センサと光量センサの連動、
LED光量変更
16:00 反省会
16:30 閉講
 
【費用】研究支援料および資料代(ホテル代、昼食代は含みません)
l 一般(企業等) 30,000円(教材費、消費税込)
l アカデミア(大学、公的研究機関) 15,000円(教材費、消費税込)
l 学生(社会人学生を含む)無料 ただし教材費として 7,000円(消費税込)
 
【支払方法】
お申込みの確認後、受付メールをお送りします。お申し込みのご住所に請求書と受講票をご郵送しますので、当日は、受講票をご持参ください。お振込みは9月30日(金)までにお願いいたします。また、お振込み期限を過ぎる場合には、お振込み予定日をメールまたはFAXにてお知らせください。尚、MNOICの年間利用コースの利用法人は1法人につき1名が無料となります。またMEMS協議会会員はアカデミア料金でご参加可能です。
 
【申込方法、および申込み先】以下を記入の上、メールにてお申し込みください。
********************************
l 郵便番号:
l ご住所:
l 法人名:
l ご所属:
l ご氏名:
l 連絡先(電話):
l メールアドレス:
l 請求書の宛先・宛名(上記と異なる場合):
l 参加費区分(ご選択ください):①一般・学生 ②MNOIC年間利用コース ③ MEMS協議会
l その他、ご連絡内容:
********************************
 
申込先:
 〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸67 MBR99ビル 6F
 TEL:03-5835-1870 FAX:03-5835-1873
 email:mnoic @mmc.or.jp
 一般財団法人 マイクロマシンセンター(MMC) MNOIC研究企画部 宛
申込み期限 8月5日
<その他> 宿泊場所等は各自でご予約ください。
 
【最小実施人数】
・3名
 恐れ入りますが、申込者が2名以下の場合は実施を延期、或いは中止する場合がありますのでご容赦ください。また実習形式のため、先着順に10名に達した時点で締切とさせて頂きます。
 
【備考】:
1) 実習対象者
① IoT分野で研究開発している最先端研究者、エンジニア
② IoTの企画担当者、管理者
③ IoTを将来専門としたい学生
④ IoTを応用する企業のエンジニア、企画担当者、管理者
2) 実習によって得られるスキル、知識
① IoTを構成する部品を手に触って配線することが出来る
② C言語を使った最低限のプログラムが出来る。
③ 温度センサ、光量センサ、加速後センサを扱うことが出来る。
④ LED、LCDの出力デバイスを扱うことができる。
⑤ センサシステムの構成を知り、扱うことが出来る。
 
   <MEMS協議会 渡辺秀明、三原孝士>

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »