« ET-NDT6海外出張報告 | トップページ | MEMS標準化の現状と最近の動き »

2015年7月31日 (金)

ベトナムより調査団が来訪、MEMSに関する情報交換会を開催(7月23日)

MEMS協議会では、MEMSビジネス内外交流事業の一貫として国際交流事業を行っており、海外のMEMS関連研究機関との交流も活動の大きな柱になっています。今回、ベトナムより調査団が2016年7月23日に一般財団法人マイクロマシンセンター(秋葉原)を来訪、MEMSに関する情報交換会を開催しました。以下、その時の内容をご報告致します。
 今回来訪されたベトナム調査団は、ホーチミン市、Department of Science and TechnologyのNguyen Viet Dung所長、ベトナム国立大学のICDRECのNao Duc Hoang所長とNgo Vo Ke Thanh副所長、サイゴンハイテクセンターのTruong Huu Ly研究員です。今回は、産業技術総合研究所への訪問が来日の主な目的でした。また産総研・主席コーディネータの前田様にコーディネートして頂きました。
 当日は 双方の活動紹介を行って意見交換会を行いました。ベトナム調査団の方々は、今後益々発展するIOT社会におけるセンサーやMEMSの動向に強い興味を示されました。
MEMS協議会・国際交流事業では今後もこのようなビジネス交流を積極的に行う予定です。(MEMS協議会国際交流担当 三原 孝士)

B1

 写真1 意見交換会の様子

B2

 写真2 ベトナム訪問団の皆様

B3

 写真3 集合写真

|

« ET-NDT6海外出張報告 | トップページ | MEMS標準化の現状と最近の動き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ET-NDT6海外出張報告 | トップページ | MEMS標準化の現状と最近の動き »