« 国際標準化への貢献により、石山千恵美氏(東京工業大学助教、IEC/TC47/SC47Fエキスパート)IEC1906賞受賞 | トップページ | ナノ・マイクロ ビジネス展に向けてビジネスフォーラム開催のご案内 »

2013年10月 7日 (月)

2014年IEC東京大会の成功に向け組織委員会開催


 2014年IEC東京大会に向けて組織委員会(委員長:野間口有 日本工業調査会会長)が10月7日ホテルニューオータニにて開催され、来年11月に東京国際フォーラムにおいて開催するIEC(国際電気標準会議)の年次大会の基本計画を決定しました(→METIニュースリリース)。

 “Integration toward a Smarter World” - Co-existence and Sustainability – を大会コンセプトとし、主催国の独自企画として、テクニカルビジット、シンポジウム、技術展示会等を行い、我が国の優れた技術・取組みを世界に伝えつつ、世界的な課題の解決に貢献していくこととしています。

    


 組織委員会は、 IEC大会を2014年に東京に招致することが決まったことを受けて、その企画・実行等の準備のため、産業界、政府機関が一体となり結成されたもので、今回は第3回目の開催となります。組織委員会には約80組織が参加し、TC47/SC47Fの国内審議団体の役割を担っている私ども一般財団法人マイクロマシンセンター(理事長 作田久男)も名を連ねています。

 国際標準化の推進は、わが国製造業の競争力強化に貢献するものであり、アベノミクスにおける成長戦略の中にしっかりと位置づけられています。来年の東京大会を是非とも成功させるとともに、これを通じて国際標準化活動の更なる取組強化が強く望まれます。
                                (文責:青柳桂一)

|

« 国際標準化への貢献により、石山千恵美氏(東京工業大学助教、IEC/TC47/SC47Fエキスパート)IEC1906賞受賞 | トップページ | ナノ・マイクロ ビジネス展に向けてビジネスフォーラム開催のご案内 »

国際標準化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国際標準化への貢献により、石山千恵美氏(東京工業大学助教、IEC/TC47/SC47Fエキスパート)IEC1906賞受賞 | トップページ | ナノ・マイクロ ビジネス展に向けてビジネスフォーラム開催のご案内 »