« MNOIC-UMEMSME特別セミナー(カナダ・アルバータ州との国際WS)開催報告 | トップページ | 2013年 3月 MNOICの最近の状況 »

2013年2月 7日 (木)

第23回マイクロナノ先端技術交流会開催される

 平成25年1月10日にマイクロマシンセンターで第23回マイクロナノ先端技術交流会が開催されました。
マイクロマシンセンターでは、MEMS産業の裾野を広げ、その発展を促進するために、マイクロナノイノベータ人材育成プログラム事業の一環として、マイクロナノ先端技術交流会を実施しております。これは産学交流を図ることを目的に、毎回大学等において先端的な研究に従事する方々を講師としてお招き、交流の機会を設けようとするものです。今回は「予防医療のための生体センシング技術の最前線」をテーマに、同分野の最前線で活躍しておられます東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻の山田一郎教授と東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 三林 浩二 教授をお迎えして同交流会を開催致しました。

Photo

           第23回マイクロナノ先端技術交流会@マイクロマシンセンター

講演内容の概要は以下の通りです。

◎「健康・医療・福祉のためのバイオセンシングと近未来生体計測~Soft-Device技術を用いたウエアラブルセンサ・バイオスニファ・アクチュエータ~」
 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 センサ医工学分野 教授 三林 浩二

・予防医療のための生体センシングを普及させるためには、無意識で生体情報を抽出できるようなセンシング技術の開発が重要。すなわちこれまで言われてきた非侵襲、非観血計測からさらに一歩進めて無意識計測へ。
・三林研では非侵襲血糖センサとして涙中の血糖が血液中の血糖を相関があることを活用して、グルコースオキシターゼを用いる小型の電気化学式血糖センサをコンタクレンズ上に形成して血糖を比侵襲で連続計測する技術を開発。
・匂いセンサとして検出対象のガスだけに反応する酵素を抽出、呼気診断にも応用可能な高感度、高選択性のガスセンサを開発。
・ガスのセンシングにおいて、ガスが時間的、空間的に常に流動していることに着目。メッシュに蛍光型ガス感応膜を形成し、3次元でリアルタイムでガスが流動する様子を可視化することに成功。
・体内で特定の成分を検出するためのケミカルマシンを開発。特定の化学成分をエネルギーとしてアクチュエータを駆動、体内を泳動することができる有機人工アクチュエータを開発。

Photo_2                  東京医科歯科大学 三林 先生

◎「健康管理・予防医療をめざしたウェアラブル生体・環境情報処理基盤の開発」
 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 教授 山田 一郎

・高血圧対策が注目を集めている。特に脳卒中、心筋梗塞のリスク評価指標として、血圧変動パターンを把握することが注目されている。
・血圧はカフ圧による測定が一般的だが連続測定ができない。心電センサ、脈波センサを用いた脈波伝搬速度(PWV)法による血圧連続測定システムを開発。
・カフ血圧法によって同時に測定したデータと比較して、同じ値が得られていることを確認。
・東大病院で血圧連続測定の効果(何を評価できるか)を検証。心臓病患者の心機能のリハビリ、運動、ストレスによる血圧の変動、起立性めまいとの関係把握、薬剤投与の効果が現れるタイミングの把握等を検証した。
・ストレスセンシングのために心電、脈波、皮膚温、呼吸のデータからストレス度を判定する手法を開発。
   

Photo_3                     東京大学 山田先生

今後も魅力あるテーマを設定して継続的に開催していきますので、皆様のご参加をお待ちしております。

                                                         阪井 淳

 

 

|

« MNOIC-UMEMSME特別セミナー(カナダ・アルバータ州との国際WS)開催報告 | トップページ | 2013年 3月 MNOICの最近の状況 »

講習会・先端技術交流会」カテゴリの記事

人材育成事業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MNOIC-UMEMSME特別セミナー(カナダ・アルバータ州との国際WS)開催報告 | トップページ | 2013年 3月 MNOICの最近の状況 »