« マイクロマシンセンター標準化事業の動き | トップページ | 「CNT-NMEMS-TIA共同シンポジウム」の開催 »

2011年6月 1日 (水)

「総合イベント・マイクロナノ2011」合同記者発表会開催される

「総合イベント・マイクロナノ2011」合同記者発表会開催される
                                                                    2011年6月1日
                                                                       MMC 三原

5月20日に「総合イベント・マイクロナノ2011」の合同記者発表会が16名の記者を迎えて東京九段下・スター会議室にて開催されました。マイクロナノ2011は第22回マイクロマシン/MEMS展、第2回ROBOTECH、SURTECH2011および併設シンポジウムを含めたマイクロナノ技術・産業領域での我が国最大のイベントであり、2011年の7月13日(水)から15日(金)の3日間、東京ビッグサイト東ホールにて開催されます。当日は主催者である、一般財団法人マイクロマシンセンターの青柳専務による「新フェーズに入るMEMS産業」と題する紹介、表面技術協会・若林様による「表面技術協会と表面技術のできること」、東京大学・下山教授による「サービスロボットのニーズ、コア技術、市場規模予測」と題する講演会が開催されました。青柳専務の話のなかで、日本にはMEMSの研究開発を行う大学、研究所はあっても、その成果を実用化、量産するための施設は大企業内にしか存在しない。日本で初めての「研究開発から少量生産を行える研究施設」を目指して産業技術総合研究所(つくば)にMNOIC(マイクロナノオープンイノベーションセンター)を開設した旨の紹介がありました。記者発表が終わって、多くの記者から声をかけられ反響の大きさを伺えました。マイクロマシンセンターではMNOICをご紹介する専門コーナを設ける計画でいます。皆様、「総合イベント・マイクロナノ2011」でお会いしましょう。

Press_aoyagi_pic

            写真 青柳専務からの紹介

|

« マイクロマシンセンター標準化事業の動き | トップページ | 「CNT-NMEMS-TIA共同シンポジウム」の開催 »

MEMSビジネス展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイクロマシンセンター標準化事業の動き | トップページ | 「CNT-NMEMS-TIA共同シンポジウム」の開催 »