« 「総合イベント・マイクロナノ2011」合同記者発表会開催される | トップページ | グリーンセンサ・ネットワーク(GSN)技術開発プロジェクトの始動へ »

2011年6月 1日 (水)

「CNT-NMEMS-TIA共同シンポジウム」の開催

 

 TIA-NMEMS WGの2011年度の第一回のイベントとして、5月25日 産業技術総合研究所(つくば中央)にてCNT-NMEMS-TIAシンポジウムが開催されました。(マイクロマシンセンター・MEMS協議会は共催として参画しています。)テーマは「グリーン再生に向けて」であり、つくば研究拠点(TIA)のコア領域であるカーボンナノ(CNT)とNMEMSの合同シンポジウムです。当日は約150名の参加者があり、広い会場がほぼ満席となる盛況ぶりでした。基調講演として、ナノチューブ応用研究センター・飯島澄男センター長、東北大学・江刺正喜教授の講演がありました。主催者挨拶の中でオムロン株式会社の今仲行一執行役員常務からTIA-NMEMS研究施設を産業界にて利活用するMNOIC(マイクロナノオーポンイノベーションセンター)の力強い紹介がありました。またシンポジウム終了後に、MNOICの実施施設であるNMEMS研究施設の見学会が実施されました。東日本大震災によって配管施設等に影響はありましたが、クリーンルームや8インチ(一部12インチ)の最先端研究設備への影響は少なく、個々の装置の最終調整を現在行っている段階です。 7月以降のMNOIC運用開始後には多くの皆様にご利用頂けると考えています。(MMC 三原)

Photo

   写真 今仲MNOIC運営委員長によるMNOICの力強い紹介

|

« 「総合イベント・マイクロナノ2011」合同記者発表会開催される | トップページ | グリーンセンサ・ネットワーク(GSN)技術開発プロジェクトの始動へ »

MNOIC/TIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「総合イベント・マイクロナノ2011」合同記者発表会開催される | トップページ | グリーンセンサ・ネットワーク(GSN)技術開発プロジェクトの始動へ »