« MEMS分野の人材育成ワークショップ報告 | トップページ | 「MEMS等価回路ジェネレータ」トップページに入りやすくなりました »

2009年11月16日 (月)

人材育成実証講義「MEMSの設計・シミュレーション技術」参加報告

平成21年度産学連携人材育成事業「マイクロナノ量産技術と応用デバイス製造に関する新事業開拓イノベーション人材育成」の一環として、(独)産業技術総合研究所の主催で長野県岡谷市の「テクノプラザおかや」にて平成21年10月26日に実施された実証講義「MEMSの設計・シミュレーション技術」に参加しました。

講義には諏訪地区から精密機械技術者5名(定員)が参加され、教材として、マイクロマシンセンターと会員ソフトウェアベンダが主体となって開発・実用化したMEMS設計・解析支援システム「MemsONE」が使用され、MEMSデバイスをモデルとした有限要素法による力学解析、プロセス解析、さらには、ナノインプリント解析についての講義が実施されました。参加者の中には、今回初めてCADやシミュレータを体験された技術者もおられ、熱心な質疑応答がなされました。当センターは、この機会に「MesnONE」のPRをさせていただくとともに、来年度から開始するMEMS開発技術者人材育成事業の講座としてのケーススタディを実施しました。

岡谷市は諏訪湖のほとりに位置し、古くから「東洋のスイス」と称されるように時計製造産業のメッカとして超精密機械工業が盛んな地域で、精密機械加工を得意とする企業が集まっており、最近は多様化する企業ニーズと技術革新のスピードに対応する人材育成に注力されています。特に、平成20年度から信州大学の大学院修士課程に超微細加工技術者育成コースが設置され、さらに来年度からは、博士課程に戦力的開発技術者育成コースが開講されることになっていて、この諏訪地区がMEMS・超微細加工技術者育成の新しい拠点になりつつあります。信州大学大学院の技術者育成コースについての詳細は、信州大ホームページに掲載されています。文章中に貼ったリンクを左クリックしてご覧ください。

Photo

実証講義が実施されたテクノプラザおかや

普及促進部@マイクロマシンセンター

|

« MEMS分野の人材育成ワークショップ報告 | トップページ | 「MEMS等価回路ジェネレータ」トップページに入りやすくなりました »

Pj MemsONE」カテゴリの記事

人材育成事業」カテゴリの記事

講習会・先端技術交流会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522726/46777972

この記事へのトラックバック一覧です: 人材育成実証講義「MEMSの設計・シミュレーション技術」参加報告:

« MEMS分野の人材育成ワークショップ報告 | トップページ | 「MEMS等価回路ジェネレータ」トップページに入りやすくなりました »