« BEANS 二年目は我慢の時 | トップページ | BEANSプロジェクトのロゴについて »

2009年8月 4日 (火)

「第20回マイクロマシン/MEMS展」でのBEANS成長物語の一端

BEANSプロジェクト出展大盛況

      (BEANSセミナーも大盛況)

 マイクロナノ2009(第20回マイクロマシン/MEMS展)が7/29~7/31(於:東京ビッグサイト)に開催され、3日間の来場者は12,247名(メサゴ・メッセ発表)でした。昨年に比較して出展社数等総合的に勘案すれば大幅に伸びていると感じました。BEANSプロジェクトの成果についても出展すると共に、2日目にはBEANSプロジェクトセミナーを展示ホール内の特設会場で実施しました。セミナー会場では200名程度の席を用意しましたが、300名を超える聴講者が来られて大盛況でした。BEANSプロジェクトに対する関心の高さを感じさせられました。ゲストの方々、スピーカーの方々並びに関係者の方々に感謝申し上げる次第です。発表内容も前日まで研究されていたホットな情報ばかりでしたので、聴講者もきっと満足いただいたものとひとり合点しています。

   Dsc_0407_5

 また、BEANSプロジェクトの1年目の成果についての出展も、プロジェクトに関わった研究者が説明員となり、プロジェクトの成果について“熱意”を持って来場者にアピールすることができました。説明員の方々3日間お疲れ様でした。私なりの感想ですが、当組合BEANS研究所のT副所長(出展責任者)が説明員に対する朝のミーティングで、次のように話されていたのが印象にのこりました。「来場者に対して、質問があったら答えるのではなく、積極的にこちらからBEANSプロジェクトの成果を説明しなさい。企業であれば売る物があるが、BEANSプロジェクトはプロジェクトに懸ける“熱意”を売りなさい。」と熱心に話されており、最後には「ただ立っているだけの説明員は今すぐ帰ってよろしい」と言っていたように記憶しています。朝のミーティングに対する適確な指示を聞いて、少し企業マインドが垣間見えた気がしたのは私の脇の甘さからの感想なのか、このブログを読んだ方々にご判断いただくことにします。いずれにしてもBEANSプロジェクトはいろいろな経験を積みながら着実に成長していると実感しています。(研究支援部:町田)


    

|

« BEANS 二年目は我慢の時 | トップページ | BEANSプロジェクトのロゴについて »

豆の木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第20回マイクロマシン/MEMS展」でのBEANS成長物語の一端:

« BEANS 二年目は我慢の時 | トップページ | BEANSプロジェクトのロゴについて »